インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

「心ある歯科医院」を目指して

多くの方が、歯科医院へ不安や恐怖心を持って来られます。当院では、そういったマイナスイメージを取り除くことができるよう、柔らかく優しい雰囲気を大切にしています。

また、歯科医療はお口の治療とはいえ、人と人との関わり合いが大切です。ですので、診療の際の対応が機械的だったり、無機質だったりすることがないよう気をつけています。一人ひとりの思いを大切に、患者さまのニーズに合った治療を提案・提供していきますので、少しでも困ったことや悩んだことは遠慮なくお申し付けください。

歯科医師を目指したきっかけを教えてください

父が歯科医師だったこともあり、幼い頃から歯科医師という職業が身近にありました。父は丁寧で隅々まで行き届いた治療を心がけていただけでなく、患者さま一人ひとりに真摯に向き合い、寄り添いながら治療に取り組んでいました。そういった姿に、私は自然と憧れを抱いていたのです。
そして今では、私が地域の皆さまのお口の健康をお守りしていきたいと思っています。地域に根付いた歯科医院として、温かみのある空間をご用意することはもちろん、皆さまのお口を歯周病や虫歯から守ることを目指していますので、ぜひともお気軽にご来院ください。

初診の患者さまに対して、どのように診療を進めていますか?

初診の場合には、緊急でない限り、お口の状態や治療内容について十分な説明をしています。そして、患者さまにご理解とご納得をいただいたうえで治療に進んでいます。何でも話しやすい環境を整えることを目指し、患者さまが不安や不満を抱えたままで治療に入ることがないように取り組んでいます。

「心ある歯科医院」という方針を打ち立てた背景を教えてください。

歯科医療は単に治療を行うものではなく、人と人の関わり合いでできているものです。そのため、機械的だったり、無機質だったりしないようにと気を配っています。
当院では、「心ある歯科医院」という方針を掲げることで、患者さまの不安や恐怖心を取り除き、気持ちが楽になるような歯科医院を目指しています。

法人名の「眞智会」の意味や由来を教えてください。

父と母の名前から一文字ずつ取り、「眞智会」という法人名にしました。父が立ち上げて、母が守り続けてきたという、河野歯科医院の思いを込めました。

歯周病の治療や予防に力を入れているのですね。

歯周病は放置すると歯を失う危険性のある生活習慣病です。当院では、歯を残すことをコンセプトに掲げ、地域の皆さまのお口の健康をお守りするために歯周病の治療や予防に力を入れています。
一時的な治療ではなく、治療の必要がないお口の環境をつくれるよう、治療後のメンテナンスを重視しています。

自慢の設備と用途を教えてください。

当院では、虫歯や歯周病治療にレーザー治療器を使用しています。レーザー治療器には、虫歯が原因で柔らかくなった歯を固める作用があり、また歯周病の治療で切開した歯茎の粘膜の治癒を促進する作用があります。
その他、治療時に唾液や血液が飛び散らないようにする口腔外バキュームや、患部を何倍にも拡大して確認できるマイクロスコープなども導入して、患者さまにとってリスクの少ない治療を行っています。

自由診療をおすすめするのはどのような時ですか?

詰め物や被せ物を入れる際に、選択肢としてお伝えしています。自由診療の方が、患者さまの要望に添えることがあるからです。しかし、無理におすすめすることはありません。患者さまの「目立ちにくいものがいい」「噛めるものがいい」といった要望があった場合に、詳しくお話ししています。

今後、河野歯科医院が目指す姿について教えてください。

私は、患者さま一人ひとりに真摯に向き合う歯科医師だった父に憧れていました。そして、その父の姿を追いかけてきました。
今後はより一層、河野歯科医院を地域に根付いたものにしていきたいと思っています。地域の皆さまのお口の健康をお守りしながら、父と母が築き上げてきたものを守ることができれば、それ以上のことはありません。

旅行やサッカー観戦が趣味とのことですが。

海に行くことが好きで、この間もフィリピンにあるエルニドという島に行ってきました。学生の頃にはインドに短期間で滞在したこともあります。知らない土地で新しい体験をすることが好きですね。
サッカー観戦もよくしています。中学校と高校では部活に入っていましたが、今では見る専門になっていますね。